鍵師になるにはどうすればいいのでしょうか?

鍵屋に勤めるには鍵師にならなければなりません。鍵師はとても職業的な要素が強いです。
学歴とか年齢とか性別が問われることはありません。
やる気があれば、誰でも鍵師を目指すことは不可能ではありません。
 
しかしながら、現実的には技術や知識が必要になります。
一人前の鍵師になるには、数日間の研修でできることはなく、それなりの日数と経験値が不可欠です。
 
今回は【鍵師になるにはどうすればいいのか】をテーマにお話します。
 
1番目「鍵師の資格はあるのか」です。
 
鍵師になるために必要な資格は特にはないです。
医師や看護師と違って国家資格がなければ鍵師になれないわけではありません。
ですが、第三者的に鍵師としての技術や知識を持っている証明は欲しいところです。
 
それは日本鍵師協会が認定する「鍵師技能検定試験」でしょう。
この技能検定に合格して認定された人が「鍵師」を名乗れます。
「鍵師」は登録商標になっていますから、誰でも自由に名乗れるのではありません。
日本鍵師協会の登録商標になっているからです。
 
鍵師技能検定試験は2種類あって、二級と一級です。
二級に合格した人は、一級の試験を受験する資格ができます。
受験する条件としては、日本国籍を持っている18歳以上の人です。
前科がある人は受験資格がありません。
鍵師のスキルを悪用して犯罪を犯す可能性があるからでしょう。
対策講座は日本鍵師協会が開催しています。
 
2番目「鍵師になるための養成学校に通ったほうがいいのか」です。
 
鍵師になるには、講座を受講したり、資格を資格したりすることはマストではないです。
プロの鍵師に弟子入りする方法もあります。
その鍵師の元で修業を積めば鍵師としての仕事はできます。
近くに鍵師を養成するような環境がなければ、スクールに通うことは意味があります。
基礎から学んでいくことはお勧めできます。
 
鍵師スクールのカリキュラムはどの程度の長さなのでしょうか?
一般的には1週間程度から2か月程度になります。想像しているよりは時間をかけることなく終了できます。
 
3番目「鍵師になるために就職する方法について」です。
 
就職する場合にもっとも多いのが鍵屋さんでしょう。
この仕事は現場でどれだけ経験したかがアピールポイントになります。
すでに鍵師として仕事をしている人について経験値を増やすことで早く一人前になれるのです。
 
最初から鍵屋を開業して独立したい希望を持っている人もいます。
ですが、独立するならばプロの鍵師でなければ無理です。
知識や技術は当然ですし経営的なセンスも必要になります。
まずは、鍵屋で仕事をしながらテクニック・スキルを磨いて、スキルアップするほうが近道になります。
 
いかがでしたでしょうか?
鍵師になるにはどうすればいいのかを説明してきました。
魅力的な仕事ではありますが、なかなか簡単には鍵師にはなれないことがご理解いただけましたでしょうか?
やる気があるならば挑戦してみましょう。

太田市でお近くの鍵屋さん

伊勢崎市で鍵屋さんをお探しなら